デオシーク 成分

デオシークとはわきが・足臭・全身体臭対策の薬用デオドラントのこと。

天然由来の香りが多少しますが無香料のため男女問わず使用でき、子供からお年寄りまで使用できるよう低刺激の成分を使用していることが特徴となっています。

粘膜へのご使用はすすめられていませんが、デリケートゾーンを含め全身どこでも使用可能です。

敏感肌など肌に気になる点がある場合には肌のやわらかい部分でパッチテストを行ってから使用して下さい。

デオシークの成分には何が使われているの?

デオシークの全成分は公式ホームページから確認することが可能です。

有効成分にはパラフェノールスルホン酸亜鉛とイソプロピルメチルフェノールがあります。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は金属塩のことで発刊抑制剤の他に防腐剤や殺菌剤など日常生活において幅広く使用されていて、タンパク質を変化させて血管や組織を縮める収れん作用が主な働きです。

下痢止めや止血、鎮痛効果があるため薬品に使用されることもあります。

イソプロピルメチルフェノールは汗などに反応して増殖してしまい、悪臭を発生させる原因となっている菌に対して殺菌効果があることで注目されている成分です。

ボディソープや育毛剤、消毒薬など様々なアイテムに用いられていて無味無臭で刺激性の少ないことが特徴となっています。

アクネ菌を殺菌する働きが期待できるためニキビ対策としても利用されているほか、水虫治療薬にも配合されている成分です。

デオシークの成分の安全性は?

どちらも医療目的で使用されることもあるため危険なものとは言えないでしょう。

デオシークに含まれている架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物は乳化物の年度や安定性を保つために配合されていて、大手化粧品会社でもよく利用されれている代表的な乳化安定剤です。

メチルポリシロキサンは最も代表的なシリコーン油のひとつで撥水性が高いため、べたつきを抑えてくれる働きがあります。

赤ちゃん用のシャンプーやクリームなどにも配合されているため特別危険とはいいにくいでしょう。

デオシークには優れた殺菌・抗菌作用のあるセージや皮膚の炎症を抑えるシャクヤク、海藻エキスや古くから化粧水として利用されているドクダミなどの自然由来のエキスが配合されています。

デオドラントに効果的なものだけではなく肌に負担をかけないための工夫がされている製品となっていますので気になる方は利用してみてはいかがでしょうか。